タイトル:知らないと損する!と思ってもらえるようなものを入れる

FVの画像

▼▼案件を知るキッカケパート▼▼


友人


設定したペルソナに合わせて、会話の内容を考えます。

友人(案件を教えてくれる人)の吹き出しの中には、ベネフィットに繋がるようなものを入れて、期待値を高めます。

▼▼案件に関連する常識破壊パート▼▼

多くの人が知らなかったであろう新常識を伝えて、これは試さないと損してしまう。

と、思ってもらえるような内容を記載します。

友人

↑メリットの提示

※エビデンスデータで補完できるとさらに良いです。

▼▼自分でやるのは大変だと思ってもらうためのパート(案件に繋げるために)▼▼

自力でやろうとすると、大変だと思わせる内容を記載します。

そうすることで、案件を使わないといけない。と感じてもらえ、CVRアップに繋がります。

友人

ここの会話で、紹介する案件なら解決できるかも!と思ってもらえるようにします。

▼▼案件紹介パート▼▼

案件の紹介をします。

・その案件ジャンルを選ぶ基準の提示
・紹介する案件ならその基準を満たしていることを提示

ここをセットにすることで、読者に「考えること」「比較すること」「探すこと」という手間を省いてあげて、スムーズに案件を申し込みたいと思ってもらえるようにします。

手軽さも提示できるとさらに良いです。(例:スマホ30秒だけ!など)

▼▼口コミ紹介パート▼▼

口コミを紹介することで、信頼性・期待値を高めます。

▼▼案件を申し込まない不安やリスクを潰すパート▼▼

担当者

ここまで読んだ中で、まだ読者の中で「行動できない理由」になりそうな不安点などがありそうであれば、上記会話の中に入れることで、疑問を潰して行動してもらえるようにします。

▼▼オファー▼▼

案件がオススメの理由の再度整理をしてあげ、キャンペーンなどがあれば記載することでCVR最大化を狙います。

追伸:▼▼今すぐ行動すべき理由の紹介パート▼▼

ここまで読んでもまだアクションを起こせない人に対して、追伸で「今スグ行動すべき理由」

を提示してあげます。

・キャンペーンは◯日まで
・これからは不動産価格は下落する一方
・申請期限は◯年まで

など。今スグ行動すべき理由に繋がる業界情報などは要チェック